スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告 |
出産5
「生まれましたよ!ほら泣いた!聞こえる?」


耳を澄ますとズルズル聞こえる。



横を見ると、いつの間にか旦那がいた。
子供みたいに「え~ん(ズルズル)」って
泣いていた。

旦那の鼻水がズルズルしてる向こうで、
赤ちゃんの泣き声が聞こえた。

時計をみると、13時10分を回っていた。

オマタの縫合をしながら先生が言った。

「もう、どうなるかと思ったわ。
帝王切開にするって言うと思ったけど、
がんばったな~」


それを聞いてあたしは

「その糸は、溶ける糸ですか?」

先生「・・・。溶ける糸ですよ。」


会話成立せず。

ごめんなさい、先生。

これ以上、痛い思いするのが嫌でついつい。


その後、処置が終わり、
赤ちゃんとご対面。

生まれたての赤ちゃんを胸の上に乗せて
まだ出ないおっぱいを吸わせる。

なんとも不思議な気持ち。

自分の中から命が生まれて
目の前でまだ頼りなく動いている。

無性にいとおしく感じた時間だった。

子宮口全開まで、約4時間。
分娩室に入って出産まで、約6時間。

体重 2690グラム

決して安産ではなかったけど
貴重な体験でした。



2日後、

当然のことながら
全身に筋肉痛が襲いかかり
痛みにもだえるのでありました。


叶うならば、
次の出産では陣痛促進剤は遠慮したい
そうつくづく思う出産体験でした。

スポンサーサイト
[ 2009/06/02 18:33 ]

出産 | コメント(0) |
<<seiyou | ホーム | 出産4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。